東北社会人サッカーリーグ開幕!

CA3G0079.jpg

東日本大震災の影響を受けながらも、ようやく東北社会人サッカーリーグが開幕を迎えました。ただ、本拠地が被災を受けた数チームが参加を見送るなど残念な形でのスタートとなってしまいました。それでも、宮城県加美町(旧宮崎町)の陶芸の里スポーツ公園陸上競技場では、 NECトーキンFC対盛岡ゼブラの試合と、塩釜FCヴィーゼ対グルージャ盛岡の試合が行われて、2試合ともに岩手と宮城の対戦カードとなり、どのチームも震災復興を願い、サポーターからの声援を受け、熱いプレーを見せていました。…みんなで頑張ろう東北!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。